So-net無料ブログ作成

その後 [日記・雑感]

ホワイティ、6月6日の夕方に亡くなりました。
目を離した隙に容態が急に悪化して、彼の旅立ちに立ち会えませんでした。
看取ってやると言っておきながら本当に私は最低です。


彼は今、お骨になってリビングにいます。当分納骨するつもりはないです。
完全隔離から解放され、やっとみんなと一緒に過ごせるので。

短い期間にたくさん泣きましたが、なんとか元気でやっています。


彼との思い出には、最後には辛いこと悲しいもあったけど、楽しい事の方がずっと沢山あったから、家族で楽しかった事のエピソードを語り合っています。
でもやっぱり急に涙が出ることもあるし無性に彼を抱きしめたくなる事もあります。
そうゆう時は、お骨をギュッと抱きしめて、いっぱいいっぱいホワイティの事が大好きだよと話しかけて過ごしています。


今でも、朝な夕なに窓を開け閉めする時、いつものように彼がやって来るような気がします。お骨は目の前にあるのにねぇ…我ながら馬鹿だなぁと思います。



キラキラした思い出をありがとうね、ホワイティ。
姿形は見えなくてもいいから、もう少し私のそばにいてね。

最後になってしまいましたが、皆様にはご迷惑ご心配をおかけいたしまして、本当に申し訳ございませんでした。またホワイティに暖かいお言葉をありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

ベコ原ママ太
nice!(0)  コメント(7) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 7

阿紗華

ホワイティちゃん、ご冥福をお祈りします。

会った事はなかったけどモニター越しでかわいい姿を見てました。本当に残念です……

ベコさん、今はいっぱい泣いてください。
それからでいいので、少しでもいいから元気を出して下さい。
そうしたら、ホワイティちゃんも安心できると思うので……
by 阿紗華 (2009-06-09 01:53) 

ねこの手

ホワイティちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

ホワイティちゃん居ないという大きな穴は、塞ぐ事は出来ないでしょうが、暗いだけの穴ではなく宝石のように輝くモノがそこにはあるはず。。。
べコ原さんが少しでもお元気になられますように。

by ねこの手 (2009-06-09 09:01) 

ぺぺ

ホワイティは、あえて一人で旅立ったんじゃないかなぁって思います。
それがある意味、恩返しだったと思います。

僕がホワイティだったら幸せだったなぁと思って旅立てます。
ありがと、ベコ原さんってねw

元気でいることが、ホワイティへの恩返しはないかなw
ファイトベコ原さん!!!

by ぺぺ (2009-06-09 12:58) 

みらい

ホワイティちゃんのご冥福をお祈りいたします
ベコお姉様が、少しでもお元気になられますようにと...お祈りしております☆
by みらい (2009-06-09 13:04) 

まりりん

ホワイティちゃん、ベコ原さんのそばで安心して旅に出たんだね。。。
ベコ原さんの愛情に包まれて、病気の辛さや苦しみが癒されたでしょうね
ホワイティちゃんのご冥福をお祈りします

ベコ原さん、おつかれさまでした
by まりりん (2009-06-09 14:17) 

RYUSYO

ご冥福をお祈りします。

これからもずっとホワイティと一緒だよ

ネッ(oゝД・)b
by RYUSYO (2009-06-10 18:02) 

ベコ原

コメントを下さった皆様へ

今回、前回の記事に対するまとめレスになってしまい、大変申し訳ございません。

ホワイティに暖かいお言葉、本当にありがとうございます。

出会ってから最後の時までに一年もたっていないのに、
こんなに沢山の思い出をくれたホワイティに、本当に感謝してもしきれません。

彼のいなくなった後、「こうしてやればよかった、ああすればよかった」という
後悔の念や悲しみに何度も襲われてはいますが、基本的に私は元気です。

楽しいと思う時には、ちゃんと笑えています。
ご飯もちゃんと食べています。ちゃんと眠れています。
こうして日々の生活の中で、全力で笑ったり泣いたりすることが、
とても大事な時間なのをホワイティが教えてくれました。

短い期間(約一週間)に怒涛の展開で物事が進んでしまい、
色々と悔いの残る看病生活ではありましたが、
自分なりの精一杯を尽くせたこと、立ち会えなかったとはいえ、
彼の最後を自分で見届けた事が大きな救いになってるのだと思います。

結果的には何もしてやれなかったも同様ですが、もしもあの時、
病院に連れていかず、不安な気持ちのまま彼を外に放り出していたら・・・・
彼が最後の場所を他所に選び、何も知らずに彼の最後を見届けなかったら・・・
毎日毎日
「今日は来るだろうか?明日は来てくれるだろうか?」と言う
悶々とした気持ちを持ち続け、一生後悔していたと思います。
彼が最後の場所を我が家に選んでくれて、本当にありがたいです。
ちゃんとお別れがいえたからね。
本当にやさしい子なんです、ホワイティは。

やさしい子といえば、ホワイティが亡くなった次の日の朝、
目が覚めたら、私の枕元にタビィから蛙のお土産がおいてありました。
普段、タビィは狩りをしたりする子ではないのですが、きっとタビィなりに
私に気を使ってくれたのでしょう。普段はやりたい放題のタビィですが、
ホワイティのお骨や遺影には絶対にいたずらをしたりしませんし。
やさしい子です、タビィも。

ホワイティが病気だと分かったとき、亡くなった時に一緒に泣いてくれた子ベコ、
最後はベコ原家の猫として送り出してやれと介護に協力してくれた旦那、
こうして暖かいコメントを下さった皆さん、
たくさんの人の優しい気持ちが本当に嬉しく、ありがたいかぎりです。
ホワイティもきっと喜んでいます。人間が大好きだったから。

もうこれ以上動物は飼わないと言いましたが、もしも、また、
ホワイティが地上に戻ってきてくれたのなら、また私を選んでくれたら、
今度こそ責任を持って、最後まで一緒に暮らして生きたいと思っています。

ご心配やお気遣い、本当にありがとうございました。
重ねて御礼申し上げます。






by ベコ原 (2009-06-11 09:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。