So-net無料ブログ作成
検索選択

何百回でもいうけれど、古代史が好きなんだってばよ!! [本]

ベコですよ??

 

今日はブログネタにになるような出来事が無かったので、とりあえず本の紹介だけ。

デアゴスティーニ社 

「週刊 古代文明ビジュアルブック」 

  ↑リンク張ってありますぞ!!

えー・・・こちらの第一巻が、本日発売されたそーです。狂おしくオメ!!

                  ←これね(笑)

創刊記念価格で290円。

2号以降は590円で毎週発刊・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

ベコを破産させる気か!!(爆)

 

とりあえず、明日、本屋さんに行って結界師の15巻と一緒に買ってきます(笑)

定期購読は無理っぽいけど、ときどき立ち読みなんかでチェックしてみよっと(笑)


nice!(2)  コメント(38) 
共通テーマ:

芥川賞作家の直筆サイン本、ゲットォォオオ★ [本]

ヴェコでーす!無事にハロウィン仮装隊」の襲撃をやり過ごしたヴェコですお(笑)

さて。この「ハロウィン仮装隊」が襲撃にくる30分ほど前に、岐阜に出張していた旦那が帰宅。

これまた、無事にお土産をゲットいたしました(爆)

 

       それがコチラ!!

    

 

  1. 名古屋限定「八丁味噌プリッツ」
  2. BLOOD+ COMPLITE BEST
  3. 伊藤たかみ著 「8月の路上に捨てる」
  4. 東海地区限定「じゃがりこ 鰻蒲焼味」

                

今回、特筆すべきだと思ったのはの、伊藤たかみ著 「8月の路上に捨てる」。

       

なんとこれ、作者の直筆サイン本なんですお!!

旦那が名古屋駅の高島屋ビルディングのなかにある、三省堂でゲットしてきましたお。

あああ・・・・芥川賞作家の直筆サイン本が我が家に・・・。なんかちょっとドキドキですお!!

旦那が読んだ後、回してもらおう・・・。

 

ちなみに、我が家に有る、もう1つの直筆サイン物。

それは織戸学選手の直筆サイン色紙♪

だからどうした!?と、突っ込まないで下さい。自慢したかっただけなので(笑)

 


nice!(3)  コメント(16) 
共通テーマ:

今回の「学研の科学」、またしてもイケてるぜ!! [本]

ベコでーす。

あああああ・・・・せっかく7キロダイエットしたのに、今月は仕事休みがおおいから、

家で食っちゃ寝してたら、速攻でリバウンドしつつあるベコですお(涙)

 

そんな自己管理一つ出来ないベコのところに、今月も届きましたよ・・・

学研の科学!!(小学5年生用)

 

今月号のメイン内容はエジプト文明に関すること!!いいね、いいねぇ~♪

 

あれですかね、今、

国立科学博物館「エジプト展2006」 

を開催してるからですかね??   ↑リンク貼ってあるんで、興味ある方は今すぐチェケラ☆

 

ま、子供向けの内容なので、既にベコが知ってることばかりが書いてありましたが、

それでも楽しめる内容でございました。

洋の東西問わず、古代史大好きですからして!!

 

で、今回、ベコが一番嬉しかったのがコチラ!!

ツタンカーメンのお墓から発掘された、えんどう豆の栽培セット!!

       

もちろん、発掘された本物のエンドウ豆じゃなくて、そのエンドウ豆の子孫なんですけどね。

それでも、これって、めっさロマンを感じません??

だって、悠久の時を経て、ツタンカーメンのお豆が茨城ベコ原家にて発芽ですよ!!

ああ・・・なんか色んな事を妄想するだけで、3日間くらいは楽しめそうな勢いなんですけど(笑)

ちなみに、このツタンカーメンのお豆。実がなると、こんな感じになるそうです!!

        

普通のエンドウ豆は緑色だけど、

このお豆は紫色の莢緑の実ができるそうな・・・。

これは・・・超楽しみだわッ!!

またプランターがいいのよねぇ♪ピラミッドをモチーフにしてあるの♪♪

あれですか?あれ!ピラミッドパワーって奴ですか?

ピラミッドパワーで通常の3倍育てちゃお♪ちゃはッ♪って事ですかッ?!(爆)

 

それにしても、植物の種って凄いよね。

この紫エンドウ豆もそうだけど、日本でも有名なアレがあるじゃない??

大賀ハス!!!

1951(昭和26)年、ハス博士といわれた「大賀一郎」東京大学農学部教授が、千葉市花見川区検見川(けみがわ)町の遺跡から縄文時代(推定2000年前)に咲いていた古代ハスの種3粒を発見し、そのうちの一粒を開花させ「大賀ハス」の名を得た。 .

 

この大賀ハスだってさ、約2000年間も土の中に埋もれていて、

それでも、しっかりと芽吹いて、美しい花を咲かせた訳じゃない・・・・・・。もう、もう!!!

こんなにロマン溢れる話があって良いんですカッ

 

また、この大賀ハス、綺麗な花を咲かすんだわ、コレが!!

こんなに綺麗なハスが咲き乱れてる光景は、まさに極楽浄土に見えましょうぞ!

ああ・・・素晴らしきかな縄文時代・・・。まさに神と人が共に生きる時代。←意味不明

 

 

今日、子ベコが学校から帰ってきたら、さっそく一緒に植えてみようと思いまッす♪ワクワクテカテカ。

 

オマケ

仕事が無いからと言って、家でダラダラしてるのイクナイ!と思い、

押入れに溜まっていたダンボールの整理をしていたら、うっかり怪我をしてしまいました・・・。

怪我自体は、本当に大した事ないんだけど・・・・なんつーの、場所が悪いってーの・・・?(汗)

      

         なんか・・リストカットに失敗したみたいじゃない??(苦笑)

               誤解されそうで嫌だなー(><)とほほほ

 


nice!(3)  コメント(26) 
共通テーマ:

ふと、古典を読みたくなったり [本]

ベコでーす、ほんとうは文学少女(厚かましい)の、ベコ原でーす♪

秋らしくなってきましたたねぇ・・・みなさん、どんなを過ごしていらっしゃいますか??

食欲の秋ですか?ベコ、最近、胃が弱くなってしまって、ご飯食べると胸焼けしちゃうんすよネ。

運動の秋ですか?ベコ、またしても(今度は右)目が異常充血してたので、プールをお休み中です。

そしたらもう読書の秋しか残っていないよNE!!

と言うわけで、今日は図書館に行ってきましたYO!!

 

おセンチなムードが、そうさせるのでしょうか??

最近、古典を読みたくてたまりません。ちなみに、今まで借りた古典は、

  1. 雨月物語
  2. 古事記
  3. 御伽草子
  4. 今昔物語
  5. 南総里見八犬伝   
  6. 聊斎志異

以上の6冊でございます。

つうても、アレですよ、旧仮名遣いを読むのは面倒っちぃので、

現代語訳された古典を読んでる訳なんですけどね(苦笑)

改めて読み直してみると、古典って結構面白いですNE♪

もともと古典は嫌いじゃなかったので、秋の夜長の素敵なお供となっております(笑)

 

あと、古典じゃないんだけど、芥川龍之介の作品も好きです。

よく「学生時代、一度は太宰にハマル」といいますが、

ベコの場合は太宰じゃなくて「芥川」にハマってしまいました♪♪

今でも時々、本棚から芥川作品を取り出して読んでいます。

一番好きな作品は「奉教人の死」でつ!!

じゃ、レンタルビデオを返しに行ってきます!!うっかり返却日が今日だって忘れてたYO!アセアセ

 


nice!(3)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

やっぱり、化学よりは学研の科学だよね(笑) [本]

ベコでーす。先ほど眼科から帰ってきたベコでーす!!

コンタクト解禁&DS解禁!!

激しく「自分にオメ!!」でつよ!!・・・・でも、またしても視力が下がっていた・・・。

先生に「最近、パソコンとかよく使ってます?」と聞かれ、

「はい・・仕事で」と答えたベコですが・・・・すいません先生・・・・ベコ・・・本当は、

 

全力投球でパソコンで遊んでいますッ!!

 

たぶん、今パソコンを取り上げられたら廃人になっちゃうくらい全力投球してまつ(汗)

 

さて。本題(笑)

うちの子ベコ、毎月「学研の科学」を購読しているんですけどね、

               

 今月号に、なかなか面白いことが書いてありました。それは人体の値段。

よく、人の命は地球より重いとか、人の命は買えないとか言いますが、

体重40キロの人の場合、ぶっちゃけ、

肉体的価値は1万6299円分しか無いそうです(笑)

当たり前といえば当たり前なんですが、やっぱり 肉体 なんですねェ・・・。

失った肉体を再生する技術は日々進歩して、実際に活用されていますが、

失った魂を再生する技術なんて無いもんね。だから、魂代がバカ高いのねー。

貴重な魂を、重力に引かれないようにしなくっちゃ!?←意味不明。

 

さて、その内訳をご紹介すると、こんな感じ。体重40キロの人を目安にしてます。

 

  1. 酸素と水素  3635円  ミネラルウォーター換算    
  2. 炭素      6300円  備長炭で換算          
  3. リン        356円  リン酸肥料で換算        
  4. カリウム       52円  カリウム肥料で換算       
  5. チッ素       722円  チッ素肥料で換算         
  6. カルシウム   4640円  実験用炭酸カルシウム(チョーク)で換算  
  7. ナトリウムと塩素  213円  食塩で換算
  8. イオウ       168円  実験用薬品イオウで換算
  9. マグネシウム  124円  実験用薬品マグネシウムで換算
  10. 鉄           8円      クギに換算
  11. 銅           1円       銅の針金に換算
  12. マンガン        2円  実験用薬品マンガンで換算
  13. 亜鉛         8円  実験用薬品亜鉛で換算

 計 1万6299円なり!

 

こーやって、成分だけ見てると、案外かんたんに人間って作れちゃいそうだなぁ・・・。

しかも、薬局やホームセンターで簡単に手に入ってしまいそうなモノばかり

コレ知ったら、そりゃ、エドくん達も人体練成考えちゃうよね(苦笑) From  「鋼の錬金術師」より

 

ついでなんで、必要な重量もUPしておきます。体重40キロを目安にしてます。

  1. 酸素      (66%)      26400g
  2. 炭素      (17.5%)     7000g
  3. 水素      (10.2%)     4080g
  4. チッ素     (2.4%)       960g
  5. カルシウム  (1.6%)       640g
  6. リン       (0.9%)       360g
  7. カリウム    (0.4%)        160g
  8. ナトリウム   (0.3%)        120g
  9. 塩素      (0.3%)        120g
  10. イオウ     (0.2%)         80g
  11. マグネシウム (0.05%)       20g
  12. 鉄                      2g
  13. 亜鉛                   0.8g
  14. 銅                     0.16g
  15. マンガン                  0.02g

         計40キロなり

こーやって読んでみると、子供向けの雑誌とはいえ、とっても勉強になりまつね!!

他にも色々と面白い記事が載っていました。やっぱり化学よりも科学の方が面白いや!!

自分が子供の頃読んでいても面白かったけど、大人になっても楽しめるとは・・・

恐るべし!学研の科学!!(笑)

皆様も手に取る機会があれば、是非、読んでみてくだされ。

またお子様のいらっしゃるご家庭は、激しく定期購読をお勧めします♪

って、なんか学研の勧誘員みたいになっちゃったな(滝汗)

じゃっ、そーユー事でッ!!

 


nice!(7)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ゲッツ板谷さんが大好きです!! [本]

ベコでーーっす!!既にお気づきかもしれませんが、

←のサイドバーにご注目!!

ファイナルファンタジーⅢ」と「おいでよ どうぶつの森」のお友達コードを晒させて頂きました!

心優しいアナタからのご連絡お待ちしております(爆)

 

さてさて。実は今日も「コレ!」と言ったブログネタがありませんッッッ(><)

ので、ネタが無いとき恒例の「本の紹介」をしたいと思います(苦笑)

 

タイ怪人紀行

タイ怪人紀行

  • 作者: 鴨志田 穣, 西原 理恵子, ゲッツ板谷
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2002/07
  • メディア: 文庫

 

金髪デブ=ゲッツ板谷と、兵隊ヤクザ=鴨志田穣がタイで繰り広げる大騒動!麻薬更生寺での地獄体験、オカマのバレーボーラーとの甘い一夜、インチキ丸出しの心霊治療、片田舎のディスコでダンシングオールナイト、ホモの館での恐怖体験…。次から次へと出現する恐るべきタイの奇人怪人たちとの怒涛の日々。勢いのみで突き進む男、ゲッツ板谷の人気シリーズ、待望の文庫化。

 

ベトナム怪人紀行

ベトナム怪人紀行

  • 作者: 鴨志田 穣, 西原 理恵子, ゲッツ板谷
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 文庫
「2年前、オレはベトナムに完敗した……」。不良デブ=ゲッツ板と兵隊ヤクザ=鴨志田穣が今度はベトナムで雪辱戦。またもや繰り広げられる怪人達との怒濤の日々。疾風怒濤の爆笑旅行記!

インド怪人紀行

インド怪人紀行

  • 作者: 鴨志田 穣, 西原 理恵子, ゲッツ板谷
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: 文庫
「なぁ、インド。いい加減にしとかないと死んじゃうよ、オレ達」旅の途中、思わず漏らしてしまった本音。この言葉が今回の旅のすべてを物語っていた―。立て続けに襲いかかってくる最強の怪人ども。仕事中に酒を呷るアル中ガイド、「ワタシ、奥田瑛二とトモダチ」と連呼する物売り、FAXすら満足に送れない公務員…奴らに負けて負けて負け続けたオレ達が気付いた「インドの真実」とは!?史上最低最凶の旅行記登場。

このシリーズ、とにかく笑えて最高デス!!

著者のゲッツ板谷さんが、実際に訪れた国の旅行記なのですが・・・

普通の旅行記モノとの最大の違いは、ゲッツさんは褒めるばかりじゃないってトコロ。

大抵の旅行記って、相手の国の事にたいして批判的な内容って書いてないのが多いと思うの。

でもゲッツさんは違う!!駄目なところは駄目だってはっきり書いてるし、その駄目さを表現する

彼のボキャブラリーが本当に笑える!!

あと、どの本にもタイトルに「怪人」って書いてあるとおり、訪れた国々でであった「怪人」達との

エピソードも

笑い死にしそうなほど面白いです!

ベコねー、もう、このシリーズが大好きで大好きで、本がボロボロになるまで読み返しています。

も、あんまりにもボロボロで、いたるところセロテープで補修しまくってまつ(笑)

いい加減、新しく買い換えようかと思っています。

 

ゲッツさん、旅行記だけじゃなくて、ゲッツさん自身の日常をつづったコラム本も出しています。

たとえば、

板谷バカ三代

板谷バカ三代

  • 作者: 西原 理恵子, ゲッツ板谷
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2003/08
  • メディア: 文庫

内容はこんな感じ(爆)

バカの「黒帯」だけで構成されている板谷家。

その中でも、ばあさん、ケンちゃん(父)、セージ(弟)のゴールデンラインは核兵器級のバカ…。

初代・バアさん…古くなったパンストを帽子にしている大正生まれ。趣味はふりかけ作り。2代目・ケンちゃん…火炎放射器で我が家を全焼させた家長。趣味はベンチプレス。3代目・セージ…30過ぎても机の中には爆竹が満杯。趣味はポストの投函口の匂いをかぐこと。バカの「黒帯」たちが繰り広げる戦慄のバカ合戦が、貴方の腹をよじりまくり!立川の“ナイスなスポット”をナビる「アド街ック地獄」、各界の“板谷家”ファンからのメッセージ「We love“バカ三代”」を収録。読めば必ず元気が湧き出る、全人類必読の超絶コラム。

笑いがほしい人は今すぐ、ゲッツ板谷の本を読め!!!

絶対に後悔させないからッッ!!!

公式HP ゲッツ板谷WEB こちらも今すぐチェケラ☆☆

 


nice!(4)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

絶対に続刊は出ないだろうなと思ったYO! [本]

ベコでーす。いま、家庭内で「DO」を流行らせようと思って、一生懸命色んなシーンで

「DO」を連発しているベコ原でつ(笑)

ちなみに、これ、非常に子ベコに不評でつ・・・DOしてなのかしら??←こんな感じ。

 

さて。今日、本屋に行ったとき、こんな雑誌を買ってしまいました・・・・。

      

 クソ欽が表紙のGG広報誌「夢祭り創刊号」一冊200円なり

この雑誌・・・実は先週の時点で、創刊されていたことは知っていたんです。

本屋のね、レジ前に平置きされていたからさ。そしたら人として、DOしても目に付くじゃない?

で、パラパラと中身を見てみたら、8割くらいが地元企業(GGのスポンサー)の広告で、

残りの2割で、肝心の球団の活動内容をチョロチョロと広報して、残りは選手紹介。

はっきり言って200円でも買う気がしなかった訳。

この時点で、平置きされていた「夢祭」は残り部。

人気があって3部しか残らなかったのか?

最初から仕入れた部数が少なくて3部なのか??

少々悩んだりしましたが、ま、いっか。DOせ買わないしィ~・・・と、先週はスルーした「夢祭」。

そんな過去がある「夢祭」を、なぜ、今週は買ってしまったのかといいますと・・・・

またしてもレジ待ちの間に「夢祭」をパラ見しておりましたら、先週は気づきませんでしたが、

選手紹介のページにて、A級戦犯を発見!!

        

            とりあえず、目線だけは入れておきました・・・。

球団アイドルの「片岡あゆみ」ちゃんの紹介欄の下に、この人がビックスマイルで掲載されてる。

これを見た瞬間、思わずレジに「コレ下さいッ!」と「夢祭」を出してしまいますた。

ちなみに、ベコが買った「夢祭」が最後の1部でございました。

あ、そうだ。レジのおねーちゃん、一言言わせてくれ。

ベコが買った後、大きな声で他の店員さんに「ちょっと売れたよ!アレ!」と言うの止めて下さい(怒)買った本人が一番恥ずかしいんだからねっ!!

 

さて。・・・・この「夢祭」、一体いつ創刊されたのか・・??

あの事件から約1ヶ月ほど経とうとしていますが、ベコがこの雑誌に気づいたのは先週・・。

もしかして・・・事件後に創刊したのですか????だとしたら・・・

欽の字、太い肝(タマ)してんなッッ。

とりあえず、どっかに創刊月日が記入されていないかと思ったんですが、どうも見つからない。

うーん、気になる。一体、いつ創刊されたのか????

(山本以外の関係者もバッチリと掲載されていました)

 

一応「創刊号」ってなってるけど、あんな事もあったし、

その後も、欽の字は訳わかめ発言&行動を連発だし、こんな調子じゃ「夢祭」の2号なんて

絶対に出ない気がするYO!

でも出たらムカつきつつも、野次馬根性丸出しで買っちゃいそうな気がするYO!!(苦笑)

 

そのときは、またブログにてご紹介させていただこうと思います・・・・へぶぅぅぅぅ

 

 

 


nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

たつみや章の作品が好きなんじゃ!!と、叫んでみる。 [本]

ベコデース。どっぷり疲れてるベコです。

今日は仕事だったんだけど、はっきりいってめっさ、暇!ですた。

こんなに暇なら、思い切って盆連休を取ればよかった・・と悔やんでしまうくらい暇でした。

忙しいのも嫌なんだけど、暇すぎるのも仕事が無くてイヤーー(><)変な疲れ方するしねー・・。

そんな日だったので、当然のようにブログネタなんてあるはずも無く・・・。

仕方ないので、恒例の「本」の紹介をば。

 

ぼくの・稲荷山戦記

ぼくの・稲荷山戦記

 

あらすじはコチラ。

先祖代々、裏山の稲荷神社の巫女(みこ)を務めるマモルの家にやって来た奇妙な下宿人。腰まで届く長髪に和服の着流しの美青年・守山初彦(もりやまはつひこ)は、山と古墳をレジャーランド開発から守るために動き出す。守山に連れられ、マモルがまみえた太古からの"存在"とは? 第32回講談社児童文学新人賞受賞の著者デビュー作。

こちらの作品は「神様3部作」となっていまして、その第一弾でございます。

ベコの感想を総括すると  全力でお勧めです!!

この一言に尽きますよ、マジ。

なんなら、世界の中心で叫んでもいいです(笑)

ベコねー、作者のたつみやさんが大好きでねー。実は以前紹介した「月神シリーズ」も

たつみやさんの作品でございます。文庫化されたのを知り、速攻で買いに行きました!!

でもって、この「ぼくの・稲荷山戦記」の続巻がこちら。

 

夜の神話

夜の神話

  • 作者: かなり 泰三, たつみや 章
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1993/07
  • メディア: 単行本

水の伝説

水の伝説

  • 作者: 藤田 新策, たつみや 章
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1995/12
  • メディア: 単行本

これで3部作完成。3連星じゃないので、そこんとこヨロシク!

今回は作者のデビュー作でもある第一部が文庫化されましたが、

たぶん、2・3部も近いうちに文庫化されるのでは??と思っております。

つうか我続巻単行本化熱烈希望!!です。

文庫じゃないと、場所的にも金銭的にも辛いのよーー(><)

 

ちなみに、「ぼくの・稲荷山戦記」の文庫本と一緒に買ったのがコチラ。

少女革命ウテナ (1)

少女革命ウテナ (1)

  • 作者: ビーパパス, さいとう ちほ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2003/08
  • メディア: 文庫

少女革命ウテナ (2)

少女革命ウテナ (2)

  • 作者: ビーパパス, さいとう ちほ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2003/09
  • メディア: 文庫

少女革命ウテナ (3)

少女革命ウテナ (3)

  • 作者: ビーパパス, さいとう ちほ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2003/09
  • メディア: 文庫

いやー・・・バイト君とウテナの話をした後だったから・・・つい・・・買ってしもたです(汗)

銀魂-ぎんたま-公式キャラクターブック銀ちゃんねる!

銀魂-ぎんたま-公式キャラクターブック銀ちゃんねる!

  • 作者: 空知 英秋
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/04/04
  • メディア: コミック

昨日のブログにアップした「エリザベス」「ジャスタウェイ」、気になる人はコレを読め!!

銀魂、激しくお勧めです!!

じゃ、そーゆー事でサラバ~ァア~イ♪

 
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

まぁ・・・なんだ・・やぱーり古代関係が好きなんだなと [本]

ベコです。今晩7時から放送される「恐怖体験!魔界侵入 怪奇心霊マル秘ファイルⅧ」を

激しく楽しみにしているベコです。ええ。好きなんです、オカルト(苦笑)チキンのくせに(苦笑)

ついでに9時50分から放送される「スウィングガールズ」も激しく楽しみ♪♪で・す・が・・・

なんせ時間が時間なんで、ビデオ録画予定のベコ原です。明日は仕事だから早寝しないと!!

さて、そんなオカルト好きのベコのお勧めの本。それがコチラ。

 

ネアンデルタール

ネアンデルタール

  • 作者: ジョン ダーントン
  • 出版社/メーカー: ソニーマガジンズ
  • 発売日: 2000/04
  • メディア: 文庫

MEG(メグ)

MEG(メグ)

  • 作者: スティーヴ オルテン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1997/07
  • メディア: 単行本

こちらの2点。オカルトっていってもア~タ!心霊関係だけがオカルトじゃないのよ?!

ネアンデルタールのあらすじはコチラ。

古人類学者のマットとスーザンは、恩師ケリカットがタジキスタンでの発掘中に行方不明となったとの連絡を受け、米国メリーランド州にある先史調査研究所に向かった。ふたりはそこで、25年前のネアンデルタール人の頭蓋骨を見せられ、ケリカットが今なお生息するというネアンデルタール人を追って行方不明になったことを知る。古人類学者としての期待を胸に、ふたりは捜索に協力するのだが…。人類の起源をめぐり冒険がはじまる。『エクスペリメント』の著者が描く傑作冒険ミステリー

 

MEGのあらすじはコチラ。

七千万年前。陸上ではティラノザウルス・レックスが猛威を振るい、海洋では体長三十メートル、体重二十トンの巨大サメ“メガロドン”が帝王として君臨していた。メグはT・レックスの三倍もの巨体を誇り、まさしく、地上最大にして最も凶悪な殺戮動物だった。温水帯でしか棲息できないメグは、やがて氷河期に絶滅したと思われていた。が、メグの歯と思われる化石が数万年前の地層から発見されたことを根拠に、古生物学者・テイラーはいまだメグがどこかの海で棲息している可能性があると考えていた…。

すんません。あらすじ、よそからパクってきました(汗)

えーと、どちらも「絶滅した」と思われていた種が生存してた・・・これが前提のお話でつ。

姿を見かけないから絶滅したって勝手に決めつけてるけど、本当は多くの種がひっそりと

生き延びてる可能性がある!←ここんとこを妄想すると、激しく萌えてしまいまつ。

「人間」が存在を知らないから、その種が存在しないなんて事、絶対に無いのだ!!

と、声を大にして言ってみる。オカルト肯定派には堪らない2冊だと思います(笑)

 

あと、古代じゃないんだけど、ここまで時間が経つと古代と同じみたいなものなのでご紹介。

フューチャー・イズ・ワイルド完全図解ーーThe WILD WORLD of the FUTURE

フューチャー・イズ・ワイルド完全図解ーーThe WILD WORLD of the FUTURE

  • 作者: クレアー パイ, 疋田 努
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/01/29
  • メディア: 単行本

アフターマン 人類滅亡後の地球を支配する動物世界

アフターマン 人類滅亡後の地球を支配する動物世界

  • 作者: ドゥーガル・ディクソン
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2004/07/09
  • メディア: 単行本

一冊目が今から2億年後の地球に生存して「いるであろう」生き物の想像図を紹介してます。

2冊目が今から5000万年後の地球に生存して「いるであろう」生き物の想像図の紹介。

まったく根拠無く想像図を作ってるわけじゃなくて、いろんな学術的見地から検討した結果に

基づいて「こうなるのであろう」と言う生物が紹介されています。とくに「フューチャー」の方は

生物だけじゃなくて2億年後の地球の予想地図、予想気候等も載っていて面白いです。

まー、ぶっちゃけ文章は専門的なんで堅苦しくてつまらないけど、イラスト&解説は面白い!

ふふふ・・2億年後は巨大なイカが地上の王に君臨してるはずだとかね(謎)

でもね、

はっきり言って、どちらも買う必要はありません。図書館or本屋さんでパラパラ流し読みする程度でヨカです。

でもけっこう面白いので、覚えていたらチェケラしてみてくださいな♪

 

最後に、古代じゃないんだけど、生き物つながりでのご紹介。

へんないきもの

へんないきもの

  • 作者: 早川 いくを
  • 出版社/メーカー: バジリコ
  • 発売日: 2004/07
  • メディア: 単行本

またまたへんないきもの

またまたへんないきもの

  • 作者: 寺西 晃, 早川 いくを
  • 出版社/メーカー: バジリコ
  • 発売日: 2005/12/10
  • メディア: 単行本

この2冊、何が凄いってア~タ!この本に載ってる「へんないきもの」全部が

実在の生き物なんですよ!!

もーびっくりするから!笑えるから!!しかもこの本、生物の解説文が面白すぎる(爆)

これは買ってもいいと思う2冊です♪ベコも欲しい♪♪

 

・・・・すいませんねぇ、いつも以上にマニアックな本の紹介で(滝汗)


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

マジ、お勧めですからして(笑) [本]

ベコです。サイバーショットを使いこなせていないベコ原でつ・・・号泣。

あんねー、今日のブログネタ用に写真取ったのにねー、メモリカードをパソコンが認識しねーの!

この前はちゃんと認識したのにーーー!!何故だ何故だ何故なんだーー!??

たぶんUSBで接続すれば問題は解決するんだろうけど、なんかもう・・気が萎えちゃった・・つか、

・・・もう・・泣いちゃうんだからッ!!

 

そんなダークな気分のベコがご紹介する本日の一品はコチラ↓

サブリエル―冥界の扉

サブリエル―冥界の扉

ライラエル―氷の迷宮

ライラエル―氷の迷宮

  • 作者: ガース・ニクス
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2003/09/28
  • メディア: 単行本

アブホーセン―聖賢の絆

アブホーセン―聖賢の絆

  • 作者: ガース ニクス
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2004/05
  • メディア: 単行本

オーストラリアの人気作家、ガース・ニクスさんの代表作「古王国記シリーズ」

ジャンルは  ダークファンタジー

このシリーズ全編通して、主人公の職業はネクロマンサー(死霊使い)でございます。

常世の国から現世へと邪悪な思念を持って現われる死霊たちを、主人公達ネクロマンサーは

ハンドベルの音を武器に戦います。

あらすじはコチラ。長いぜ、覚悟しなっ!

古王国―アンセルスティエールの人間にとっては、その名を聞くだけで恐ろしいところ。
そこでは、魔術がさかえ、死霊が徘徊し、冥界への扉が常に開かれている。
古王国との『壁』に好んで近づく者はいない。
古王国出身のサブリエルは、アンセルスティエール側の『壁』近くにあるワイヴァリー学院の寮に五歳のときから入れられ、十三年間、親と離れて暮らしていた。
母は、彼女を産み落としたときに亡くなった。
父のアブホーセンは古王国きっての魔術師で、蘇ろうとする死霊たちに永遠の死を与える務めを果たしている。
その父が、サブリエルの卒業が間近にせまった今、失踪した。
サブリエルのもとには、彼の剣と魔術の道具が、不吉な化け物の手によって届けられた。
聞けば、ここ数年、『壁』の付近に出没する死霊の数が激増し、『壁』のむこう側で暮らす人々の姿がぷっつり見えなくなったという。
古王国でなにかが起こっている―サブリエルは父を捜しに、単身、『壁』のむこう側に旅立った。
1995年オーストラリア・ファンタジー大賞受賞、1997年度米国図書館協会ベストブック選定。
大死霊に捕らえられた父親を助け出すために、18歳のサブリエルは単身、古王国に乗りこんだ。冥界から蘇った死霊たちがはびこる古王国で彼女を待ち受けていた運命とは――。

チャーター魔術が栄える古王国。そこでは長年、魔術師たちの力によって、冥界から蘇ろうとする死霊たちが滅ぼされ、平安が保たれていた――はずだった。が、ここ数年、古王国とのあいだの壁を越えて、死霊たちが隣国のアンセルスティエールに出没するようになった。壁を越えて古王国に入っていった偵察隊は二度と戻らなかった。古王国の人間を見かけることがどんどん少なくなっていった。古王国で、冥界で、なにかが起こっている――。何者かが裏で糸を引いて大死霊たちを蘇らせ、死霊たちを操っているのだ。サブリエルは、アンセルスティエールの寄宿学校で学んでいる18歳。一見ふつうの少女だが、父親のアブホーセンは古王国で最も力のある魔術師で、彼女にも優秀な魔術師としての力が備わっている。古王国で治安に務めている父と会えるのは満月の夜だけ。父親の「影」が真夜中にやってきて、魔術の手ほどきをしてくれるのだ。だが、その夜、「影」はやってこなかった。代わりにきたのは真っ黒な人型をした化け物。化け物は父の剣と魔術の道具を届けにきたのだった。父の身になにかが起きたに違いない――サブリエルは単身、古王国に乗りこむことを決意する

 

全部読んでくれたア~タ、お疲れ様ッす!ベコからの惜しみない愛を受け取ってください♪♪

で、このたび目出度くもファーストシーズンにあたる「サブリエル」が文庫本化されました!!

ので、早速ゲット!!アマゾンの商品紹介だと写真が無いから、デジカメで撮影した画像を

アップしてご紹介予定だったのに・・・↑な事態なモンですからして・・涙。

せっかく文庫本の表紙のイラスト、書き下ろしなのに!!しくしくしく・・・。

 

なんとか画像をアップしたいとネットの世界をさまよいましたら、ちょっと面白いモノ発見!!

            

 大人のぬりえベルサイユのばら アドバンス編

          

 大人のぬりえベルサイユのばら ビギナー編

          

   ぬり絵で楽しむ「ベルサイユのばら」

なんか・・・すっごく気になるんだけど

各ぬり絵のタイトルごとにリンク貼ってありますので、

興味をもたれた方は要チェケラッチョ!!ちなみにベコ、俄然

アンドレ派ですけど何か?(爆)

 


nice!(6)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

だから古代史が好きだってばよ!! [本]

ベコです。今日も今日とてブログネタの無いベコです。

いや・・無くも無いか(笑)今日は仕事が終わった後、仲良しパートさんとお茶しました♪

紅茶シフォンケーキとアイスティー、たいへん美味しゅうございました♪

おしゃべり、たいへん楽しゅうございました♪たまにはこーゆー息抜きしないとね~~♪♪

で、この事をブログにアップするには、ちょっぴり主婦の赤裸々な事情を晒さねばならぬので、

違うことを記事にしよう・・と思ったんだけど、そーすっとネタがないので、またしても本のご紹介。

 

母なる大地 父なる空〈上〉―アリューシャン黙示録

母なる大地父なる空〈下〉―アリューシャン黙示録

母なる大地父なる空〈下〉―アリューシャン黙示録

  • 作者: スー ハリソン
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 1995/10
  • メディア: 単行本
姉なる月 (上)

姉なる月 (上)

  • 作者: 行方 昭夫, スー・ハリソン
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 1996/02
  • メディア: 単行本
 
姉なる月 (下)

姉なる月 (下)

  • 作者: 行方 昭夫, スー・ハリソン
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 1996/02
  • メディア: 単行本
 
兄なる風―アリューシャン黙示録〈第3部 上〉

兄なる風―アリューシャン黙示録〈第3部 上〉

  • 作者: スー ハリソン
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 1997/02
  • メディア: 単行本

 

兄なる風―アリューシャン黙示録〈第3部 下〉

兄なる風―アリューシャン黙示録〈第3部 下〉

  • 作者: スー ハリソン
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 1997/02
  • メディア: 単行本

 

これらのお話の舞台は、まだアリューシャン列島がアラスカ半島と地続きだった頃のお話。

アリューシャン列島とは、カムチャツカ半島の間にあるアメリカ合衆国アラスカ州に属する列島の事。

 

この上の地図で、小さな島々が一本の線上に並んでいるの、わかります??

これがアリューシャン列島で、昔はロシアの最東端のカムチャッカ半島と地続きだったんです。

ちなみに地続きだったのは氷河期の頃。

人類は、この細くて今にも切れちゃいそうな道を通り、アジアから北アメリカへと移動しました。

彼らが後に南米まで移動し、ネイティブアメリカンの祖となるのですね。

上でご紹介した本は、まだ見ぬ新天地を目指し移動を繰り返しつつも、この細い地続きの大地で

一生懸命に生きる人々のお話です。

とても丁寧に話がつむがれており、実に生き生きと当時の人々の生活等が描かれてます。

ちなみにスー・ハリソン女史はアリュート語など6つの先住アメリカ人の言語、考古学、人類学、

地理学を学ばれたそうで、このアリューシャン黙示録の執筆には調査に3年、

執筆に4年という時間をかけられたそうです。すげぇな、オイ!

いやー・・綿密な調査等に裏づけされているから、こんなに当時の人々を生き生きと描く事が

出来たのでしょう。やっぱすげぇな、オイ!

とにかく、全力でお勧めです!!

作者のスー・ハリソン女史の著書には、おなじ時代に生きる人々の「別の」お話もあります。

ソング・オブ・ザ・リバー (上)

ソング・オブ・ザ・リバー (上)

  • 作者: 河島 弘美, スー・ハリソン
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 1999/09
  • メディア: 単行本

ソング・オブ・ザ・リバー (下)

ソング・オブ・ザ・リバー (下)

  • 作者: 河島 弘美, スー・ハリソン
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 1999/09
  • メディア: 単行本

こちらも非常に興味深く、面白い作品でした。機会があれば、是非チェケラって下さいな♪

 

ちなみに、日本の作家さんでもご自分の作品の中で、ちょっぴりだけアリューシャン列島が

地続きだった頃のお話を書いていらっしゃる方がみえます。さて問題。それはダ~レだ??

答えは

 

 

 

鈴木光司さん。 

リング らせん等のホラー作品で有名な鈴木光司さんです。

楽園

楽園

  • 作者: 鈴木 光司
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1995/12
  • メディア: 文庫

実は日本ファンタジーノベル大賞受賞作品で、かつて某大手生命保険会社がスポンサーになり

テレビでアニメ化された事があります。ベコは本より先にアニメを見てファンになりました♪

文庫本の説明を書かせていただきますと・・・

いつかきっとめぐり逢える。この想いがつづく限り―。太古のモンゴル砂漠で暮らしていた男女が、他部族の襲撃により離れ離れになってしまった。伝説の赤い鹿の精霊に導かれた男は、最愛の妻を追う。そして18世紀の南太平洋の小島で、現代のアリゾナノ地底湖で…。一万年の時と空間を超え、愛を探しつづける壮大なファンタジー。第二回日本フアンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。
 
この作品、めっさ面白いです!!
 
作者の鈴木さんには、ホラーばっかりじゃなくて、こーゆー作品をバンバン書いていただきたい!
 
こちらも是非、チェケラって下され・・絶対に後悔しないからッ!!

nice!(2)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

お勧めの本ですけどなにか? [本]

ベコでーす!Bフレッツデビューしたはいいけど、ADSLとの違いが感じられなくて

「しゃくだねぇ」byシーマ様 状態なベコです。通信速度に対してメモリが足りないのかすら??

・・パソコンの事、よくわからんけど、なんかそー思った。以上!

今日は本当にブログネタが無い一日でしたので、ベコのお勧めの本をご紹介したいと思います。

 

しゃばけ

しゃばけ

 

ぬしさまへ

ぬしさまへ

  • 作者: 畠中 恵
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/05
  • メディア: 単行本
 

ねこのばば

ねこのばば

  • 作者: 畠中 恵
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2004/07/23
  • メディア: 単行本

 

おまけのこ

おまけのこ

  • 作者: 畠中 恵
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/08/19
  • メディア: 単行本

 

うそうそ

うそうそ

  • 作者: 畠中 恵
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/05/30
  • メディア: 単行本

あらすじを一言で言うなら、江戸時代の薬種問屋の「病弱な若旦那」と「若旦那命!の妖怪達」

との心温まるお話です。最初の「しゃばけ」だけは一冊まるまる一つのお話だけど、

「ぬしさまへ」以降は一話完結の短編小説になっています。

江戸時代大好きっ子のベコにはたまりません!!

詳しくは   しゃばけ倶楽部   ←公式HPへ!!

 

月神の統べる森で

月神の統べる森で

  • 作者: 東 逸子, たつみや 章
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1998/12
  • メディア: 単行本

 

地の掟 月のまなざし

地の掟 月のまなざし

  • 作者: たつみや 章
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2000/01
  • メディア: 単行本

天地のはざま

天地のはざま

  • 作者: 東 逸子, たつみや 章
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/03
  • メディア: 単行本

 

月冠の巫王

月冠の巫王

  • 作者: 東 逸子, たつみや 章
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/12
  • メディア: 単行本
 

裔を継ぐ者

裔を継ぐ者

  • 作者: 東 逸子, たつみや 章
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2003/11
  • メディア: 単行本

 

あらすじを簡単に言うと、縄文時代、まだ神と人との距離が遠くなかった頃のお話。

って、あらすじになっていないか(苦笑)読めば判る、この面白さ。

古代史大好きっ子のベコにはたまりません!!

 

空色勾玉

空色勾玉

  • 作者: 荻原 規子
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2005/09/21
  • メディア: 新書

白鳥異伝 上

白鳥異伝 上

  • 作者: 荻原 規子
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2005/10/21
  • メディア: 新書

 

白鳥異伝 下

白鳥異伝 下

  • 作者: 荻原 規子
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2005/10/21
  • メディア: 新書

薄紅天女

薄紅天女

  • 作者: 荻原 規子
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2005/11/18
  • メディア: 新書

これまた古代日本が舞台のお話3部作。「ふしぎ遊戯」にハマった人ならハマるはず!!

日本神話をベースに、雄大なスケールで話が繋がっていて一気に3部読めちゃう勢い!!

古代史大好きっ子のベコにはたまりません!←本日2度目。

作者の荻原規子さんって

西の善き魔女〈1〉セラフィールドの少女

西の善き魔女〈1〉セラフィールドの少女

  • 作者: 荻原 規子
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2004/10
  • メディア: 文庫

こちらの作品でも有名です。こちらも是非チェケラ☆

 

他にもご紹介したい本はあるんだけど、キリが無いので今日はここまで。

また機会があればご紹介したいとおもいまつ。別にいいって?いやそー言わずに・・ね?!

 

 追記 

なんか、プレビューの時と、実際にアップすると記事の表示が変わるのは何故??

急に字が小さくなったり、へんな位置に文章がとんでいたり・・??誰かの呪いか?(苦笑)

 


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:

今月も「小5」は過激だぜっ! [本]

ベコでーぷ。今日は寒いねー。ストーブもコタツも仕舞えないってーの!

さて、以前、このブログで紹介しましたが、最近の学年誌「小学5年生」はスゴイ!!
(ひょっとして昔も過激だったのかもしれんが、もはや思い出せない・・20年以上前だし)
今月の「小5」もなかなか過激でござった・・・。おら、びっくりしたなす。

本誌の中で連載されている「ないしょのつぼみ」って漫画のなかのシーンなんだけど、
主人公の女の子が、自分の「ピーー(自主規制)」を鏡で見てみる


という、なかなか衝撃的な内容でございました・・・ベコ、びっくりしちゃったよ・・・。
どーしてこんな展開になったのかといいますと、主人公の女の子が友人に
「どうして女の子には男の子みたいに「ピー(自主規制)」がないのかしら?」と聞き、
その友人が「・・・女の子にもあるんだよ、見えないだけで。私は見た!!」と返し、
好奇心に駆られチャレンジしたという流れ。すげーな、この友人、小5なのに詳しいなッ。
(注 かなり簡単なあらすじにしてあります)

ベコ、自分が小5のころ、こんな事(男女の体の違いとか性とか)考えても見なかった・・。
せいぜい、今日は誰と遊ぼうかしら?とか今日のご飯は何かしら?とか
今日のトムとジェリーは見逃せないわ!

とか、
実にくだらない事ばかり考えていました・・・。

それとね、女の子読者からの回答を基に進められるページの今月号特集が
ファースト・キス


・・・幼稚園のころ、仲良しの子とチュッとか、パパとチュッとかのレベルじゃない・・・。
いわゆる男女のキス


小学五年生約2000人のうち、キス経験ありが約300人てア~タ・・・
多すぎるだよ!!


や、もちろんフレンチですけどね。というか、フレンチだよね!??ガクガク。

それにくらべて男の子特集は「芸人特集」とか子供っぽくて、しかも紙面占有割合低い・・。
女子用ページ8割男子2割って感じだな、ありゃ。
しっかし、女の子は男の子より大人になるのが早いとは言うけど、早すぎだろーよー・・・。
はっ!まさか・・環境ホルモンの影響かっ!!?

あと、別冊の漫画冊子に「リヴリーアイランド」を基にした漫画が連載されましたァ。
そのタイトル「リヴリーアイランド 五年三組の大冒険」でございます。
これは絵もかわいいし、話も楽しめそうな感じで続きが楽しみざんす♪♪
本誌のほうにもリヴの特集が2Pほどですがありまして、リヴ初心者のベコには
ちょうど良い教科書になりそうな予感。

くそー、いろいろな面で来月号も見逃せないぜッ!「小5」さんよォ!!
発売日が待ち遠しいぜッ!


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:

大好きな本がある幸せ [本]

ベコでーす。活字中毒者のベコ原でーす。

ベコは活字中毒なので、毎日少しでも本を読むように心がけています。
ジャンルはそこそこ幅広くカバーしてるつもりです。←自称

でも、やっぱり、たくさん読む本の中でも、大好きな本ってのができちゃう訳ですよ。
そんなベコのフェイバリットブックの一冊が「西遊記
今までに何度も何度も読んだわりには、実は一度も買ったことが無い!
常に図書館で借りて読んでいました。
でも、やっぱり、何度読んでも面白いから、自分だけの「西遊記」がほしい・・・と思ったいたところ、
近所の本屋にて、ナイスなイチモツを発見。

光文社文庫から発売されてる 文庫版「西遊記」上・下巻  各619円+税 村上知行・訳

西遊記(上)

西遊記(上)

 
西遊記(下)

西遊記(下)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2003/10/10
  • メディア: 文庫

 

文庫だからお値段もリーズナブルだし、場所もとらないから何処でも持っていけるし!!
と、即断即決で買っちゃいますた!でもって、今、時間を見つけてはチマチマ読んでいます。
これがまた、あまり幼稚すぎず(子供向けだと読みやすいけど、物足りない)
            小難しすぎず(大人向けだと、読みにくくて疲れる)
実に読みやすい文体&内容なので、気持ちよく読めるんだわ。お勧めです。

大好きな本が一冊でもあると、それだけで人生が豊かになるから不思議。
西遊記のほかにも大好きな本はたくさんあるけど、これからも大好きになれる本に出会いたいな。

あと、ベコのライフワークとして「オズの魔法使いシリーズ」を集めています。
オズってね、実は40冊くらいシリーズがでてるんですよ。
その中で、日本語訳されたのは14巻まで。ここまでが初代作者「ライマン・F・ボーム」の著で、
あとは彼の世界観を引き継いだ方々が、おのおの作品を続けていったんですねー。
日本語版は全巻そろえているので、残りの未訳本をベコは集めています。
でも・・・全部・・英語なんだよ・・・・。電子辞書片手に頑張るんだけど、頭がおっつかず、
なかなか先に進めないけど、気長に集めていく予定です。
ライフワークだからっ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

生協の白石さん&アイズ [本]

今日、「生協の白石さん」という本を読んだ。

生協の白石さん

生協の白石さん

  • 作者: 白石 昌則, 東京農工大学の学生の皆さん
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/11/03
  • メディア: 単行本


東京農工大の生協に勤めていらっしゃる白石さんと、学生さん達との掲示板
(ほれ、よくお店にあるじゃないっすか?ご意見ご要望がありましたら御記入ください、の紙)
を使ってのやりとりを本にまとめたものなんだけど、なかなか面白かった。
学生の実にくだらない(失礼!)にも、真摯?に対応する白石さんのコメント!!
もちろん真面目100%で回答してる訳じゃなくて、ある程度のお遊びも入ってるコメント。
簡単そうに思えるけど、これは実に難しい事だと思うぜよ。
本人一人が真面目で、そこが面白くって笑ってしまう・・ってのは実際にまま有る事なんだけど、
真面目とユーモアを交えて、みんながみんな、クスッって笑えるような事を毎回書くのって、
・・・・大変ダヨね~。あんまり書くとネタバレになるかもしれないから、コレ以上は書かないけど、
機会があれば、是非読んでみて欲しい一冊ではありますな。

あと、鈴木光司の「アイズ」と言う本。これも読んだ。

アイズ

アイズ

  • 作者: 鈴木 光司
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/05/19
  • メディア: 単行本


で、一番疑問に思ったのは・・・この中に有る「櫓」って作品・・・。
これってどう考えても、何年か前に一大旋風を巻き起こした「幽霊団地(アパート?)」の事だよね?
当時は色んなテレビ雑誌で大騒ぎになっていたアレですよ。
郊外の団地(アパート?)で心霊現象が次々起きて、色んな霊能者が除霊を試みる・・って内容。
鈴木光司はホラー作家ってイメージが定着しちゃってるけど、この人のデビュー作の「楽園」。
こーゆー作品もどんどん書いてほしいんだけどな~~。ものすごくロマンを感じる作品だべさ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。